2008年8月11日に設立したリフォーム会社。 株式会社誠実社

2008811日に設立したリフォーム会社。

株式会社誠実社の誕生です。

b0176010_13323054.jpg

あれから、10年。

今年2018811日の山の日に10年目を迎えました。


皆様のおかげで、無事大きな節目を迎えることが出来ました。ありがとうございます。


来年2019年、11年目の811日からは、お祝いをしていきたいと思います(*^_^*)


建築と全く無縁だった私が、リフォーム会社を設立したきっかけは、建物を建てたい、新しいビジネスモデルを作りたいと強く思った訳でもありませんでした。

それは、後から思った事です。


一番の理由は「やりたくないけれど、やらなくちゃいけない」です。

ただ、誰かが、健全な会社、本当に社会のためになる会社、日本を変えられる会社が必要と本気で思っていました。


いわゆる正義感のような。


しかし、そんな簡単な訳がない。

私は私のやり方を見つける!という意気込みで、周りの注意や意見を聞かず突っ走った結果、最初に用意した資本金はわずか半年で無くなりました。


理想は見事に打ち砕かれ、自分の甘さと無知さを見せつけられている感がありました。


理想よりも、もっと問題なことは、始めた当初持っていた「やらされている感」


自分でやると決めたのに、人のせい。

やりたいと思ってやっていないと、言い訳ばかり。そんな言い訳を誰かに言ったところで、状況は変化するはずもなく…。

さて、資本金が底をつき、どうしたのか。


私は、まず当たり前のことを、当たり前にやることから始めました。最初から父母に言われていた事を実行する事にしたのです。


本当に単純なことで、基本的な事ですが、周りに感謝し、営業し続けました。


小さな店舗や住宅、不動産屋さんに飛び込みや電話をかけて、リフォームじゃなければ、クリーニングだけでもお願いしますと、営業して回りました。


それから、子供のころから母に言われていたことを思い出し実践。

「あなたは小さな頃からいつも無邪気に笑ってた。だから、笑っていなさい。」


実践して直ぐに結果は表れました。


不動産会社から建物クリーニングを依頼されたり、それなりに塗装や内装工事、修繕工事など少しずつですが、入ってきました。


精神学を学んでいる私ですが、自分が変わる事の重要性を10年で沢山学びました。


自分で会社を経営すること。若くて、無知で、怖いもの知らずな私が社会の中でまともに生きていくには、いちばん早い近道。という事で。

怖いけれど、自分で会社を始めた次第です。


社会経験のない私が、会社の代表になるなんて、信じられないことですが、あの若さで、そんな立場に立たせていただけたことに感謝です。


人は、「素直な人」が一番早い変化があります。

改善点を見つけられる。改められるから。

図星を言われ、そこに反発し続ける無意味さを知ると、なんて時間が無駄なんだ‼️と感じます。


自分は、言われただけではわからない人だったので、何度も失敗しながら、学びました。


続く(*^_^*)



by seijitsuchan | 2018-09-02 13:30 | 株式会社誠実社 | Comments(0)

なりたいものがあるなら、順序を踏んで前へ進め♪ 飯島佐江子        サエコは元気♪


by seijitsuchan
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る