<   2015年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶

今年は暖かい年末となりました。
気温と爽やかな天気のおかげで、年末を感じる事が出来きません(*^_^*)

晴天のおかげで各現場も何とか終了!外壁塗装も。
b0176010_14383567.jpg

自転車小屋も!
b0176010_14383613.jpg

おせち料理の買い出しで築地まで行き…
b0176010_14383665.jpg

昨日から妹が仕込み。
b0176010_14383746.jpg

昨晩、桜井さんに年始のネイルを仕上げてもらって。
b0176010_14383726.jpg

今年も沢山の出来事があり、振り返ってみれば山あり谷ありだったのかもしれません。
ただ、厳しい時も、辛くは無いのですよね。

2015年も、皆さまのおかげで良い年を過ごすことができました。
ありがとうございました。
もうすぐ来る2016年もよろしくお願いします。

by seijitsuchan | 2015-12-30 20:37 | Comments(6)

クリスマス?年末!?大晦日!?!?

暖かくて、とても年末に感じられない日々。
とてつもなく忙しい時間を過ごしていますが、年末を感じられない陽気のため、気分は上々です(*^_^*)

現場も事務所もサロンも、慌ただしさの中に、スムーズさも感じられ、良い一年だったなと感謝も込み上げてきます。
b0176010_21531113.jpg

誰でも忙しい年末。この忙しい最中、それでも仕事をお願いしてくださるお客様方。

一年の間に、素晴らしい出会いの数々。

毎月2回のビジネスセミナーのおかげで、あっと言う間でした!

まだ、今年は残っています。まだまだ。
最後まで誠実に仕事をしています。(*^_^*)
by seijitsuchan | 2015-12-22 21:46 | Comments(0)

常夏。開聞岳。ブーゲンビリア。ハイビスカス!

b0176010_11281410.jpg

まるで富士山!全く同じ形。

特攻隊員は、この山を日本の象徴である富士山に見立て、見えなくなるまで敬礼をして行ったそうです。
色々な祈りを込めて旅立ったのでしょうね。

そして、長崎鼻からの景色
b0176010_11281571.jpg

海の向こうに、うっすら小さく見えるのが硫黄島です。
こちらが開聞岳。
b0176010_11281567.jpg


そしてJR最南端の駅、西大山駅!
b0176010_11281554.jpg


沢山の軌跡と、奇跡がある鹿児島でした。
今までの旅で一番良かった。

日本の正しい歴史、現実に起きた全てのこと、これから先、日本人しかできない可能性。
私達がやりたい事、全てが形に出来ると確信した旅でした。
by seijitsuchan | 2015-12-14 11:17 | Comments(0)

知覧特攻平和会館~遺書~

b0176010_1725733.jpg

特攻隊の有名な写真です。仔犬を抱く17歳の少年、荒木伍長と特攻をともにする仲間です。
 
そして、この写真は、特攻出撃2時間前の写真です。しかしその後、予定変更になり翌日の出撃となりました。しかし、この時点では2時間後には出撃を控えていたのです。

※右の少年。荒木君に肩を乗せている袖を見てください。軍服の袖があまり、サイズが合っていないのです。昔は大中小しかなく、小を着てもなお、袖が余ってしまうくらい、まだまだ子供の体系だったのです。

特攻隊員は自分の死ぬ時間までわかっていました。

飛び立つ前に皆が言い合った「靖国で会おう!靖国で待っている!」
日本に靖国があって良かったと思いました。

資料館の手紙の一部を掲載します。
--------------------------------
最后の便り致します
其後御元気の事と思ひます
幸雄も栄ある任務をおび
本日出発致します。
必ず大戦果を挙げます
桜咲く九段(靖国神社)で会う日を待って居ります
どうぞ御身体を大切に
弟達及隣組の皆様にも宜敷く さようなら
陸軍伍長 荒木幸雄
--------------------------------
『大石伍長の遺書』
〈なつかしい静ちやん!
おわかれの時がきました。兄ちやんはいよいよ出げきします。この手紙がとどくころは、沖なはの海に散つてゐます。思ひがけない父、母の死で、幼ない静ちやんを一人のこしていくのは、とてもかなしいのですが、ゆるして下さい。
兄ちやんのかたみとして静ちやんの名であづけてゐたいうびん(郵便)通帳とハンコ、これは静ちやんが女学校に上るときにつかつて下さい。時計と軍刀も送ります。これも木下のをぢさんにたのんで、売つてお金にかへなさい。兄ちやんのかたみなどより、これからの静ちやんの人生のはうが大じなのです。
もうプロペラがまはつてゐます。さあ、出げきです。では兄ちやんは征きます。泣くなよ静ちやん。がんばれ!〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

穴沢利夫 少尉
「婚約者への遺言」

二人で力を合わせてつとめてきたがついに実を結ばずに終わった。

希望を持ちながらも心の一隅であんなにも恐れていたのだ。 時期を失する といふ事が実現してしまったのである。

去年十日、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、我が隊を直接取り巻く状況は急転した。発信は当分禁止された。転々と所を変えつつ多忙の毎日を送った。そして今、晴の出撃の日を迎えたのである。

便りを書き度い、書く事はうんとある。

然し、そのどれもが今迄のあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何物でもないことを知る。あなたのご両親、兄様、姉様、妹様、弟様、みんないい人でした。至らぬ自分にかけて下さったご親切、全く月並みの御礼の言葉では済み切れぬけれど、「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

今は従に過去に於ける長い交際のあとをたどりたくない。問題は今後にあるのだから。常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれる事を信じる。しかし、それとは別個に婚約をしてあった男性として、散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

「あなたの幸せを望ふ以外に何物もない」 「従らに過去の少義に拘るなかれ。あなたは過去に生きるのではない」 「勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと」「あなたは今後の一時々々の現実の中に生きるのだ、穴沢は現実の世界にはもう存在しない」

極めて抽象的にながれたかも知れぬが、将来に生起する具体的な場面場面に活かしてくれる様、自分勝手な一方的な言葉ではないつもりである。純客観的な立場に立って言うのである。今更何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみたい。

1、読みたい本「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

2、観たい画「ラファエル 聖母子像」「芳崖 非母観音」

3、智恵子。会いたい。話したい、無性に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


富澤幸光 中尉

北海道出身 北海道第二師範学校卒 海軍第十三期飛行科予備学生 神風特別攻撃隊第十九金剛隊 昭和20年1月6日、爆装零戦に搭乗し比島マバラカット基地を出撃、リンガエン湾にて戦死 23歳  (引用:「英霊の言乃葉(2)」)

お父上様 お母上様

ますます御達者でお暮らしのことと存じます。幸光は闘魂いよいよ元気旺盛でまた出撃します。

お正月もきました。 幸光は靖國で二十四歳を迎へることにしました。 靖國神社の餅は大きいですからね。

父様、母様は日本一の父様、母様であることを信じます。お正月になつたら軍服の前にたくさん御馳走をあげて下さい。雑煮餅が一番好きです。ストーブを囲んで幸光の思ひ出話をするのも間近かでせう。

靖國神社では、また甲板士官でもして大いに張り切る心算です。母上様、幸光の戦死の報を知つても決して泣いてはなりません。靖國で待つてゐます。 きっと来て下さるでせうね。

本日、恩賜のお酒をいただき感激の極みです。敵がすぐ前に来ました。 私がやらねば、父様、母様が死んでしまう。否、日本国が大変なことになる。 幸光は誰にも負けずきつとやります。 

母上様の写真は幸光の背中に背負ってゐます。母上様も幸光と共に御奉公だよ、いつでも側にいるよ、と言って下さつてゐます。心強いかぎりです。
--------------------------------
会館入り口にある絵です。
喉が絞めつけられる現実を見た来館者は、この絵によって心が救われます。
b0176010_17132783.jpg

by seijitsuchan | 2015-12-10 17:20 | Comments(6)

知覧特攻平和会館

知覧にある特攻平和会館。行くのは2度目。
入り口の手前にある『とこしえに』と書かれた像。

b0176010_09521777.jpg

特攻像『とこしえに』の由来
特攻機は、遂に帰って来ませんでした。国を思い、父母を思い、永遠の平和を願いながら、勇士は征ったにちがいありません。
 特攻像「とこしえに」は、全国の心ある人々によって建てられました。
 み霊のとこしえに安らかならんことを祈りつつ
 りりしい姿を永久に伝えたい心をこめて
 あゝ
 開聞の南に消えた勇士よ


三角兵舎の中
b0176010_09521774.jpg

特攻隊員が出撃まで寝起きしていた半地下式の三角兵舎。隊員達はここで日の丸に寄せ書きをしたり、遺書を書きました。
b0176010_09521723.jpg


戦時中の日本の部隊は、決死隊と必死隊に分かれていて、特攻隊員は『必死隊』。
決死隊は死ぬことが決まっていますが、生きる望みは0では無い部隊。
必死隊は、読んで字の如く、必ず死ぬ部隊のこと。

17.18歳の少年達の絶筆が、沢山の資料として残っています。

どの遺書も、父母、兄弟妹、息子娘、祖父母に当てた手紙です。
皆の健康を願い、幸せに生きてください…と。
そして、何もしてあげられないまま死んでしまう事をお許しください…と。

続く…。
by seijitsuchan | 2015-12-10 09:27 | Comments(0)

鹿児島。武家屋敷!!

薩摩藩の武家屋敷を朝一で見に行きました。
b0176010_00121939.jpg

b0176010_00122069.jpg

武家屋敷の庭の垣根には意味があります。
b0176010_00122009.jpg

右奥に見える山。あれが母が岳。
あの山に続く山並みを石垣が表現しているそうです!
昔の方は身長が150㎝くらいだったので、その高さから垣根を見ると納得!!

この屋敷を管理する↓佐多さんと…、
b0176010_00122155.jpg

平山亮一邸を管理する↓平山さんに説明していただきました!
b0176010_00122117.jpg

そして、
雨戸の戸袋が無い秘密…
b0176010_00122249.jpg

これは何のための水場!?などなど沢山お話ししました!
b0176010_00122356.jpg

また、何故門のすぐ側にトイレを設けたのか⁈
b0176010_00122395.jpg


クイズが沢山。
少し盛り上がりましたね。あのような時間もたまにはいいものです。

武家屋敷の後は知覧特攻資料館です。
後ほどアップします。


by seijitsuchan | 2015-12-08 19:06 | Comments(2)

鹿児島入り!

b0176010_18322195.jpg

宮崎経由で鹿児島入りしました!
偶然遭遇した、小泉進次郎さん(^∇^)沢山お話しできました!

霧島神宮へ行って
b0176010_18322278.jpg

4人中3人が大吉!
父は末吉。書いてあることが、どんぴしゃり、笑

b0176010_18322275.jpg

そして、フェリー!

b0176010_18322393.jpg

桜島へ!
b0176010_18322301.jpg

b0176010_18322499.jpg

b0176010_18322442.jpg

b0176010_18322559.jpg

明日は知覧に行きます!

by seijitsuchan | 2015-12-07 18:23 | Comments(4)

大分(*^_^*)

なんとも素敵な旅です(*^_^*)
大分!
b0176010_22005144.jpg

いつでも家族と友人たちに囲まれて、幸せ者。
b0176010_22005105.jpg

皆で大分(*^_^*)
b0176010_22005255.jpg

そして、皆が思うこと。

積さんへの恩返し。
きっと、私達の働きを一番見たいと思ってくれている方だから。
積さん無くして、この時間は過ごせなかったでしょうね。
だから、絶対に達成しますから(*^_^*)

by seijitsuchan | 2015-12-06 21:55 | Comments(0)

2015年12月4日 日本経済新聞

本日の日本経済新聞3ページ目に坂本敏夫さんの広告が載っています(*^_^*)
典獄と934人のメロス

b0176010_09351344.jpg

b0176010_14170510.jpg



みなさん、是非読んでください!!
by seijitsuchan | 2015-12-04 09:33 | Comments(0)

イシダイ(*^_^*)別人ッ!!

b0176010_12384641.jpg

最近、職人さんになっています。
石塚大輔くん。

左の職人さんは、恥ずかしがり屋なので顔を上げてくれなかった、笑。

忙しく頑張っています。

昔のイシダイではなく、新境地!
これから益々楽しみです(*^_^*)
by seijitsuchan | 2015-12-02 12:35 | Comments(0)

なりたいものがあるなら、順序を踏んで前へ進め♪ 飯島佐江子        サエコは元気♪


by seijitsuchan
プロフィールを見る
画像一覧